忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インビジブルレイン


インビジブルレイン by誉田哲也

もともと、ストロベリーナイトからの誉田さんの姫川シリーズは好き。
基本的には、あくまでも ”刑事もの” 
ただ、主人公を女性にするというところで、ガチガチの刑事ものとは一線を画している気がします。必ずしもハッピーエンドを約束しないところもよい。
そしてなにより、脚本が上手い!

そもそも私が刑事もの(さらに言えばサスペンス系)を好まないのには理由があり、
最後のオチを決める段階において、
「実はこの人って、」とか
「実はこんな人がいて、、」
というくだりが多すぎる。
「インシテミル」とかいい例。綾瀬はるかが黒幕だってわかってた人っているの?私がバカなの?と混乱に陥ります。綾瀬はるかには罪はないですが。
こういった作品には、
用意した材料で料理しろよ!!
と興ざめですが、
誉田哲也さんの作品は、ネタバレしてしまわない程度の伏線を上手にひいてらっしゃる。
最初に用意したものでラストを飾る。推理する余地を与えてくれます。

ただ、あれですね。現代の小説に共通して言えることですが、全て登場人物がドラマの役者に重なってしまう。姫川はドラマの中でも本の中でも竹内結子さん。

ドラマ見てから本読むからいけないのかなあ。



―――以下ネタバレ―――


*姫川率いる捜査一課は小林という暴力団の下っ端の下っ端くらいの男の死について捜査を始めるが、匿名のタレコミによって捜査線上にある若者の名前が浮かぶ。その若者とは、姫川の上司に当たる今泉・和田(いい人たち)、長岡(イヤミな官僚)が過去に捜査した事件の被害者遺族だった。
被害者遺族が容疑者ということ(+諸々の事情)は警察の沽券に関わる問題、ということで、長岡はそのタレコミ自体をなかったことにしようと動き始める。しかし姫川はそんなことじゃへこたれないため、単独捜査を開始し、様々な事実を掴む。
容疑者近辺を探るうちに知り合った牧田(暴力団幹部)と姫川はなぜか意気投合し、ちょっとした濡れ場もあります。でも牧田は真犯人・被害者・容疑者の全てに関わるキーパーソン。捜査と私情の間でもみくちゃになりながら姫川は今回も無事事件解決するわけですが、、長岡にしてみれば解決してほしくない事件だったわけで、、、ラストは衝撃の
捜査一課解体

どどーーん!!


・官僚にたてつく下っ端の構図
この筋書きどっかで見たことあると思った、
事件の隠ぺいうんぬんかんぬんでモメるのは相棒の専売特許ですよね
姫川シリーズはそれよりむしろ、姫川が率いる斑の結束とか被害者・容疑者の特殊な背景にスポットをあてる方だと思ってたので、ちょっと残念なかんじ。

・姫川×牧田
今回は姫川がイケメン暴力団幹部の牧田という男と恋に落ちます。
あんなに男いやーー!な姫川だったのに、まさかの濡れ場!という大サービス

しかしね。この牧田さん最後は死んじゃうんですよ。

個人的には生きててほしいっていうか、姫川さんもそろそろ身を固めた方がいいんじゃないか的な。女として幸せになるきっかけがあってもいいんじゃないかと。
でも考えてみると、

暴力団幹部と付き合ってる女刑事ってw

ということで収拾つかなくなって殺したんですか、誉田さん・・・!?笑

・暴力団いっぱいいすぎ
○○会だの××会だの、と暴力団がいっぱい出てきます。
注意して読んでいれば関係性などもろもろ理解できるのですが、そこまで詳しくわかっていなくても事件自体にはまあついていけるでしょう。
ちなみに私は新しい暴力団が出てくるたびに、その名前とメンツをメモってました。
そんなもんです

・係のメンバーは控えめ
官僚と下っ端とか、姫川の恋とか書いてるうちに、レギュラーメンバーの出番がかなり少なくなってます。
最終的に解体してしまうのであれば、もう少し全員参加させてもよかったんじゃないか、と
特に菊田が全然出てこない。個人的に姫川×菊田結構好きなのですが、、、暴力団のイケメンにとられちゃうし なんか不憫です


でも。でもでも。おすすめですよ(こんだけ不満言っといて)


ということで、いつものストロベリーナイトとはちょっと味付けが違うと思って読んでみてもいいと思います。
この作品、そろそろ映画化ということで。
ドラマ「ストロベリーナイト」は結構好きだったので、劇場まで見に行くかも
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

HN:
きりん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ